UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15847

タイトル: 精神分析学における自他関係論
その他のタイトル: An Approach to the Theory of Relationships between "Self" and "Other" in Psychoanalysis
著者: 須川, 公央
波多野, 名奈
野見, 収
秋山, 茂幸
著者(別言語): Sukawa, Kimihiro
Hatano, Nana
Nomi, Osamu
Akiyama, Shigeyuki
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 31-48
抄録: In recent years, problems about relationships between "Self" and "Other" have been discussed much in the educational theory. In order to find a clue to these problems, we take up some psychoanalytical theories, especially Melanie Klein (1882-1960), Donald Woods Winnicott (1896-1971), Heinz Kohut (1913-1981) and the father of psychoanalysis, Sigmund Freud (1856-1939). This study examines a lot of problems in the theories of relationships between them from the psychoanalytic point of view, and will provide some perspectives for the discussion on this theme.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15847
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682965.pdf2.05 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください