UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15848

タイトル: 「発達教育学」の再検討
その他のタイトル: A re-examination of "l'education genetique
著者: 野見, 収
著者(別言語): Nomi, Osamu
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 49-57
抄録: L'education genetique is a pedagogical design that Teruhisa Horio drew through mainly studying the thought of France. This Horio's design had a high popularity in Japan until 1970-1980s. But today, the current studies in pedagogy of Japan give two ambivalent evaluations to it. That is, one study considered that it was what oppresses children, and another study considers that it is what releases children from oppression. Why does such ambivalence arise? How can we cancel such ambivalence? The purpose of this paper is to explore an answer to these questions through a re-examination of "l'education genetique".
URI: http://hdl.handle.net/2261/15848
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682966.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください