UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15849

タイトル: ヒュームの道徳論 : 人為的徳の形成にかかわるものとしての「教育」
その他のタイトル: Hume's Moral Theory : Education and Artificial Virtues
著者: 松永, 幸子
著者(別言語): Matsunaga, Sachiko
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 59-64
抄録: David Hume (1711-1776), a philosopher of Scotland in 18 th century, treats 'education'concerned with the artificial virtues in his moral theory, especially in his most important work A Treatise of Human Nature (1739-1740). But his theory about 'education'has been neglected, as compared with other conceptions. In this paper, the writer has attempted to clarify Hume's moral theory concentrating on his treatise of 'education'. Hume divides the virtues into two, the natural virtues and the artificial virtues. He treats justice as one of the main artificial virtues and insists it is to be created not only by the human conventions but also by 'education'. As same as justice, other artificial virtues like chastity and modesty are formed mainly by 'education'. 'Education'occupies a quite important position in his theory as the principle that produces the artificial virtues.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15849
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682967.pdf597.42 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください