UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15850

タイトル: 重度・重複障害児のQOLと肢体不自由養護学校における実践 : 「特別支援教育」への移行と重度・重複障害児の教育保障に関して
その他のタイトル: Quality of Life for the Severely Handicapped and the Practice in the Schools for the Physically Handicapped : The Change toward "Tokubetsu-Shien-Kyouiku" (Special-Support-Education) and the Educational Rights of Severely Handicapped
著者: 村上, 美奈子
著者(別言語): Murakami, Minako
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 65-72
抄録: In the change toward "Tokubetsu-Shien-Kyouiku" (Special-Support-Education), the educational rights of severely handicapped should be more developed. In the Schools for the Physically Handicapped, teachers think the Quality of Life for the Severely Handicapped important. They pay the closest attention to the health conditions of their children and each teacher devices daily classes. To make the education for the severely handicapped more suitable, more signigicant teacher-training-service must be provided.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15850
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682968.pdf861.81 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください