UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15851

タイトル: 公学堂教育不要論争に見る公学堂の存在意義 : 『南満教育』の分析を通して
その他のタイトル: The significance of KOGAKUDO through the controversy about KOGAKUDO education : An analysis on "Nanman Kyoiku (South Manchuria Education)"
著者: 山本, 一生
著者(別言語): Yamamoto, Issei
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 73-82
抄録: In this paper, I analyzed the controversy about KOGAKUDO education which was had in local educational magazines in Manchuria, "Nanman Kyoiku". And I tried to describe the realization of the teachers in KOGAKUDO and analyze their colonial consciousness.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15851
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682969.pdf1.02 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください