UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15858

タイトル: 社会学的薬物使用研究における新たなるパースペクティヴ : 薬物使用に対する社会的介入をめぐる,近年の「変動」を理解するために
その他のタイトル: A new perspective for sociological analysis on drug use : To understand recent 'transition'over social-intercention in drug use
著者: 平井, 秀幸
著者(別言語): Hirai, Hideyuki
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 159-170
抄録: Recent tendency of intervention in drug use is said to have been in some transition. This paper is a tentative trial to give an perspective which can analyze this transition. Firstly, I try to review some studies about drug use and point out their peculiarities and problems, Secondly, I re-examine labeling-interactionist perspective, giving shape to our own perspective. Finally, from sociological view, I specify our perspective deliberately.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15858
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682976.pdf1.37 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください