UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15859

タイトル: 中国の大学教育改革と学生の教育経験の変化 : 北京大学,清華大学,復旦大学を事例分析として
その他のタイトル: Higher education reform and the changes of college students'educational experiences in China
著者: 施, 佩君
著者(別言語): Shi, Peijun
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 171-179
抄録: One of the foci of higher education reform in China is related to how students'learning experiences are channeled and guided. Chinese universities have been criticised for their excessive specialization. Attempts are made now to expose students to a wider range of knowledge. In this paper I choose Peking University, Tsinghua University and Fudan University for the case study. These three universities are very progressive in China, and we will see the tendency of higher education through these three universities. From the results of the study, a conclusion can be made that the reforms have brought out a variety of changes in higher education and these have enriched students'experience .
URI: http://hdl.handle.net/2261/15859
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682977.pdf1.12 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください