UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15860

タイトル: 乳幼児期の情動調整の発達に関する研究の概観と展望 : 保育の場を視野に入れた情動調整の発達の理解を目指して
その他のタイトル: Review of Developmental Studies on Emotion Regulation in Early Childhood : For Better Understanding of Development of Emotion Regulation from the view of the Effect of Child Care
著者: 森田, 祥子
著者(別言語): Morita, Sachiko
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 181-189
抄録: During the last several years, research on the development of emotion regulation (ER) has grown dramatically. One area that has received less attention concerns association between nonparental child care and the development of ER. Recently, many children experience nonparental child care in early childhood. So, it is important to study not only child-parent relationships but peer relationships and child-caregiver relationships experienced in child care settings on development of ER. This paper reviews on the effect of child-parent relationships and peer relation on development of ER. Then first, the importance of examing the caregivers'role in development of ER is argued. And second, the necessity of studying the interplay among child-parent relationships, peer relationships, and child-caregiver relationships is emphasized.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15860
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682978.pdf1.07 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください