UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15861

タイトル: 強迫傾向に関する研究の展望 : 健常者に対する予防の視点から
その他のタイトル: Review of the Obsessive-Compulsive tendency among non-clinical subjects : Focusing on protection
著者: 李, 暁茹
著者(別言語): Li, Xiaoru
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 191-200
抄録: Obsessive-Compulsive-Disorder (OCD) consists of two major symptoms, which are obsession and compulsion. However similar types of thoughts and behavior are also found among non-clinical subjects. In these cases, they are called Obsessive-Compulsive tendencies (OCT) instead of disorder (OCD). Currently, OCD is extremely difficult to be treated. However, if it is OCT among non-clinical subjects, it is assumed that the thoughts and behavior could be treated with less difficulty compared with OCD. With this hypothesis, treating OCT becomes extremely beneficial. By reviewing the existing OCD scales and its etiology, this paper attempts to describe three perspectives on preventing OCD.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15861
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682979.pdf1.04 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください