UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15866

タイトル: 教室におけるPerson-Environment Psychology : 研究の動向と課題
その他のタイトル: Person-Environment Psychology in the Classroom : A Review and a view for future directions
著者: 飯田, 都
著者(別言語): Iida, Miyako
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 251-259
抄録: There are three stages in the history of Person-Environment (P-E) theory. First, the historical path that P-E theory has taken is outlined in this study. From this, I go on to examine conceptual definitions of person and environment, and classify them as variables. Second, right recent studies on P-E interaction are introduced. Eight studies offer useful and original concepts that effectively facilitate our understanding of P-E dynamics. Finally, I discussed the possibility of applying P-E theory, as developed in occupational organizations, to classroom settings. A number of points to be taken into careful consideration when discussing P-E Psychology in relation to the classroom are noted.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15866
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682984.pdf911.2 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください