UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15867

タイトル: 子どもの生の発見と演劇 : ある小学校教師における演劇教育の展開過程
その他のタイトル: The Drama Education and Children in the Classroom : The Development of a Primary School Teacher's Drama Education
著者: 栗原, 浪絵
著者(別言語): Kurihara, Namie
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 261-270
抄録: This paper describes how Mitsuo Fukuda, a primary school teacher has developed his drama education in his classroom for 33 years. First, he thought that the classroom would be a theatre where a teacher and children communicate with each other freely. Then, he began to make some improvisational drams in his home economics'classes and he also made short plays with children in his classroom. After some experiences of being rejected by children, he realized that each child, having his own individuality, was precious being. Certainly, he came to accept children one by one in his classroom through drama activities.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15867
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682985.pdf1.13 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください