UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15870

タイトル: ゴッフマン理論における役割と自己呈示 : 学校における相互行為の分析視角としての検討
その他のタイトル: Role and self-presentation by E. Goffman : An examination as a theoretical frame for the analysis of interactions in school
著者: 藤田, 慶子
著者(別言語): Fujita, Keiko
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 301-309
抄録: Children interact with classmates and teachers in schools as not only part of the educational system, but also in places where each school and each class create their own activities and contexts. It is important for studies of school education to analyze children's interactions in schools. However there is no theoretical frame which connects children's pluralistic world with their institutional and organizational conditions. I will attempt to examine Goffman's productions as the theoretical frame for studies of schools. Some studies applying his perspective to schools have overlooked the actual basic essence-dramaturgical approach that Goffman consistently applied. This study shows that his concepts "role as collective representation" and "role distance" are keys to understanding children.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15870
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682988.pdf1 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください