UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15874

タイトル: アメリカ合衆国の学校財政における"アデクアシー(Adequacy)"概念に関する一考察
その他のタイトル: An Analysis of Educational Adequacy in the United States
著者: 押上, 玲奈
著者(別言語): Oshiage, Reina
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 359-367
抄録: The issues of educational adequacy have been in controversy for more than a decade in the United States. Around the 1990s, the primary concept of school finance has moved away from equity to adequacy both in the litigations and policy-makings. This paper reviews the history of the conceptual shift from equity to adequacy in school finance, explores the definition of educational adequacy, and deliberates four approaches to estimate the necessary and sufficient costs to achieve adequate education in practice. In conclusion, despite the policy attempts to achieve adequacy, there is still a gap between the adequacy-based policy approachs and the adequacy idea which faithfully addressees the students who are not receiving the education they should have.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15874
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682992.pdf1.01 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください