UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15878

タイトル: 知的障害者ホームヘルプの発達支援機能に関する考察
その他のタイトル: Human Development and Home-and-guide-help for People with Intellectual Disabilities
著者: 丸山, 啓史
著者(別言語): Maruyama, Keishi
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 401-409
抄録: The aim of this paper is to clarify the effect that home-and-guide-help has on the human development of people with intellectual disabilities, and the role that helpers are asked for. This paper is based on interviews with users (or their parents), helpers, and helper centers. First, the study demonstrates that home-and-guide-help enriches the users'pleasure. The enrichment of pleasure is more respected than the acquisition of social skills. Second, the study shows the necessity of human communication between the helper and the user. This suggests that helpers do more than compensation for disabilities.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15878
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682996.pdf889.64 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください