UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15880

タイトル: 公立学校の教員給与の決定要因に関する一考察
その他のタイトル: A Study focusing on the Determinant Factors of a Teachers'Pay of Public Schools
著者: 山中, 秀幸
著者(別言語): Yamanaka, Hideyuki
発行日: 2005年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 44巻, 2005.3, pp. 421-428
抄録: The purpose of this paper is to clear the determinant factors of a teachers'pay with comparison, externally between teacher and administrative occupation, internally between primary, junior high, and high school. By comparison between occupational descriptions, it is shown clearly that a difference is in the rise-in-pay pattern. Its attention is paid to the control function especially to the local self-governing body of the Grant system. And it proves the hypothesis that Pay of the public high school teacher that should exist outside the limit of the Grant system is, in response to influence of elementary-and-junior-high-schools teachers'pay level, indirectly under control of the Grant system.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15880
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004682998.pdf780.14 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください