UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15918

タイトル: 市民社会における学級・講座の意義 : 社会教育と地方行政の計量分析
その他のタイトル: The Meanings of Classes and Courses in the Civil Society : Quantitative Analysis on Social Education and Local Self-Governments
著者: 佐藤, 智子
著者(別言語): Sato, Tomoko
発行日: 2006年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 45巻, 2006.3, pp. 317-324
抄録: In contemporary political circumstances, civil society is expected to play more important role. That's why we need to give much thought to the role of local governments on social education. The purpose of this paper is to examine the significance of "classes and courses" provided for social educational facilities and administrative agencies. First, I focused on volunteers as a major actor of the civil society and analyzed the relationship between motivations of citizens to participate in volunteer activities and "classes and courses". Secondly, I noticed regional varieties of the conditions for the local governments to provide "classes and courses" and speculated about "Local Optimum" from the aspect of administration of social education.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15918
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004683045.pdf1.07 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください