UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15922

タイトル: 昭和前期における健康教育運動の興隆過程
その他のタイトル: The Development of School Health Education Movement in Japan in Early Showa Era
著者: 七木田, 文彦
著者(別言語): Nanakida, Fumihiko
発行日: 2006年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 45巻, 2006.3, pp. 355-363
抄録: The purpose of the study was to clarify to raise in school health education movement. The decade from 1927to 1937 was a critical time in the school health education history of Japan. The recognition of the values of school expanded in the health education, which was influence by the United States. Practice of various health education was tried in Japan in the half of the period. The practice was supported by development of a curriculum. Manthly, gradewise and community based curricula was developed. These curricula were further promoted after the visit of C. E. Turner in 1936 to Japan.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15922
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004683049.pdf1.17 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください