UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15925

タイトル: 単位制・無学年制高校の生活の諸相(2) : 面接調査での5つの事例をもとに
その他のタイトル: Psychological Aspects of Students'Life in a High School with a Credit System and No Grade System (2) : Five Case Studies Based on the Results of an Interview Survey
著者: 三戸, 親子
菊地, まり
川原, 誠司
著者(別言語): Mito, Noriko
Kikuchi, Mari
Kamahara, Seishi
発行日: 2006年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 45巻, 2006.3, pp. 387-411
抄録: This is a case study of students'growth processes in a senior high school with a credit system and no grade system. The credit-system high school has been founded to take in high school dropouts and truants. In this study, the interviews were used to assess how students'daily school experiences influence the processes and the mechanisms of students'growth. The findings revealed that the flexible system encourages a huge variety of students to grow up in various manners. Not only those who exercise their autonomy but also those who lack self-direction can make good use of the system and grow up in the high school. As a result, many dropouts and truants are able to return to school.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15925
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004683052.pdf2.81 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください