UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15928

タイトル: 明治前期の漢学塾と門人 : 新潟県西蒲原郡長善館を事例として
その他のタイトル: Relationship between a Private School of Chinese Classics and its Followers in the First Half of Meiji Era : A Case Study of Chou-zen-kan in Rural of Niigata Prefecture
著者: 池田, 雅則
著者(別言語): Ikeda, Masanori
発行日: 2007年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 46巻, 2007.3, pp. 11-20
抄録: Chou-zen-kan (private school of Chinese classics) in rural of the first half of Meiji era was organized by the rich, celebrities and intellectuals (doctors, men of religion, and so on) in local, and existed in closely relation with various societies of them. Then Chou-zen-kan and its followers were connected by various aspects (blood, education, politics, culture, religion and so on) which were grown in long term. But we can emphasize some cases of voluntarily admission which weren't bound by local communities also existed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15928
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004683064.pdf1.25 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください