UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15940

タイトル: 法学知と企業法務知の知識構造の比較分析 : 「知識の社会的構成」という視点からみた職業的レリバンス研究
その他のタイトル: A Comparative Analysis of the Structure of Legal Knowledge Required in College and Business : Research on the Relationships between Higher Education and the World of Work from a Viewpoint of Sociology of Knowledge
著者: 小山, 治
著者(別言語): Koyama, Osamu
発行日: 2007年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 46巻, 2007.3, pp. 197-206
抄録: The purpose of this paper is to clarify the differences of the structure of legal knowledge between college and business. In order to do this, this paper compares their structure from two viewpoints : "the allocation of knowledge" and "the application of knowledge". Through this analysis, the relevance of legal knowledge of college to that of business is discussed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15940
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004683076.pdf1.18 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください