UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15942

タイトル: 産業領域におけるメンタルヘルス問題の現状と職場におけるソーシャルサポートの展望
その他のタイトル: Present Situation on the Problems of Mental Health in Occupational Field and the Prospects of Social Supports in the Working Place
著者: 坂井, 一史
著者(別言語): Sakai, Hitoshi
発行日: 2007年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 46巻, 2007.3, pp. 219-226
抄録: In today's Japan, it comes to matter that the problems of mental health and the number of suicides tend to be increasing. These are the key issues not only to employees but also to corporate organizations. Stress, the main factor causing them, comes from human relationship in the working place. This, called social support, is pointed out as buffering effects for stress reactions. House(1981) explained social support by using four functions : emotional support, instrumental support, informational support, and appraisal support. If social support in the working place is defined as positive communication with these functions, we can get many suggestions from leadership study and mentoring study. However, Japanese governmental efforts to mental health reflect only emotional support. The studies to explicitly show the effects of each function in social support are required in future.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15942
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004683078.pdf804.41 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください