UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15948

タイトル: ドイツにおける「市民的環境教育」に関する一考察 : 伝統的アソシエーション活動であるクラインガルテン制度の実践から
その他のタイトル: A Study on a "Civil-Subjective Environmental Education" in Germany : Through the Analysis of Praxes of Traditional Associatable Activity "Kleingarten-System"
著者: 高雄, 綾子
著者(別言語): Takao, Ayako
発行日: 2007年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 46巻, 2007.3, pp. 301-309
抄録: With the spread of the concept of "Sustainability", a question about the relationship between environmental education and civil society or publicness has risen to the surface. In this context, a construction of the theory for civil learning for environment-oriented behavior is becoming a matter of great urgency. In this paper I try to prove the meaning and possibility of the civil-subjective praxes in environmental education, through the analysis of one of the traditional associatable activity in Germany "Kleingarten-system", where there are process to be shown a publicness as a civil-subjective environmental education through preserving and managing activities of the local resource.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15948
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004683086.pdf1.01 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください