UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15949

タイトル: 明治初期における視覚教育メディア政策の思想的背景に関する考察
その他のタイトル: A Study on the Ideological Background about the Media Policy of Visual Education in Early Meiji Era
著者: 古屋, 貴子
著者(別言語): Furuya, Takako
発行日: 2007年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 46巻, 2007.3, pp. 311-321
抄録: The earlier studies about educational materials have mainly focused on textbooks used in schools. But, historically, not only books but various kinds of materials have been used as educational media in Japan. In this paper, I focus on "Kyoiku Nishiki-e" (educational wood block prints) used as a visual educational media in early Meiji era, and clarify their ideological background in the educational policy. For that purpose, I pick out two persons, Tanaka Fujimaro and Nakamura Masanao that were both involved in early child education, women's education, and home education at the time. I explore the connections between their educational ideas and "Kyoiku Nishiki-e" to come out the political meanings of these visual educational media.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15949
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004683087.pdf1.52 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください