UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15959

タイトル: 義務教育標準法の成立と地方への影響
その他のタイトル: Establishment of "the Law Concerning Class-Size and the Standard of the Number of School Personnel in Public Compulsory Education Schools" and its Influence on the Local Governments
著者: 植竹, 丘
著者(別言語): Uetake, Takashi
発行日: 2007年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 46巻, 2007.3, pp. 411-420
抄録: This paper analyzes the influence of the Establishment of "the Law Concerning Class-Size and the Standard of the Number of School Personnel in Public Compulsory Education Schools" in 1958. In the respect of the linkage of the class-size, allocation of school personnel, and number of them, this law is different from the former laws. In the former researchers on this law, they used only the data of the national-level. But this paper pays attention to the data of the prefectural-level. In view of this facts, it was discovered that the class-size was made lower with the tentative standards. And it could make influence to the prefectures which assumed a conservative attitude.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15959
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004683097.pdf1.16 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください