UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15963

タイトル: イギリス高等教育における「評価」についての一考察 : Hartley Institution,Southamptonへの補助金交付に関する議論(1889~1911年)に注目して
その他のタイトル: A Study on "Evaluation" in British Higher Education : An Argument over Grants to The Hartley Institutions, Southampton in 1889-1911
著者: 山崎, 智子
著者(別言語): Yamazaki, Tomoko
発行日: 2007年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 46巻, 2007.3, pp. 451-459
抄録: The aim of this article is to examine "university evaluation" in the United Kingdom (especially England), focusing on an argument over grants to The Hartley Institution, Southampton in prehistory of University Grants Committee (1889-1911). The following three are pointed out as conclusions. Firstly, a character of the grants had changed from "supplement and encouragement of local effort" into "support for University work". Secondly, as an argument was made, concrete content of "education of a University standard" was gradually defined. In other words, advisory committees concluded that "education of a University standard" should contain "Arts and Science". Thirdly, advisory committees regarded "quality" as important and did a certain kind of "quality assurance". British higher education had maintained a standard by doing two phases of "pre-evaluation", UGC and Royal Charter.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15963
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004683101.pdf890.02 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください