UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/15968

タイトル: 家族イメージ法(FIT)を用いた質的研究法の開発
その他のタイトル: Development of a Qualitative Research Method Using Family Image Technique (FIT)
著者: 中坪, 太久郎
新谷, 侑希
坂口, 健太
塩見, 亜沙香
亀口, 憲治
著者(別言語): Nakatsubo, Takuro
Araya, Yuki
Sakaguchi, Kenta
Shiomi, Asaka
Kameguchi, Kenji
発行日: 2007年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 46巻, 2007.3, pp. 227-238
抄録: This article suggests a method to use FIT (Family Image Technique) in qualitative studies. This method could find "the rich data" easier, and is a mew approach that has characteristics of quantitative and qualitative methods.
URI: http://hdl.handle.net/2261/15968
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004683079.pdf1.22 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください