UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/16678

タイトル: 浅間山における人工地震探査 : 探査の概要と初動の走時について
その他のタイトル: Active Source Seismic Experiment in Asama Volcano, Japan : The Outline of the Experiment and First Arrival Times
著者: 青木, 陽介
武尾, 実
辻, 浩
小山, 悦郎
青山, 裕
藤松, 淳
松本, 聡
宮町, 宏樹
中道, 治久
大倉, 敬宏
大湊, 隆雄
及川, 純
棚田, 理絵
筒井, 智樹
山本, 圭吾
山本, 希
山里, 平
山脇, 輝夫
市原, 美恵
井本, 良子
風間, 卓仁
小山, 崇夫
前田, 裕太
前野, 深
森田, 裕一
中田, 節也
中村, 祥
長田, 昇
渡辺, 秀文
Alanis, P.K.B.
Anggono, T.
藤原, 善明
福山, 由朗
萩原, 慎太郎
橋本, 武志
平野, 舟一郎
堀口, 桂香
飯島, 聖
石原, 吉明
石川, 渓太
石坂, 和之
北脇, 裕太
黒木, 英州
草野, 富二雄
前川, 徳光
増田, 与志郎
松村, 智之
中元, 真美
西村, 太志
野上, 健治
奥田, 隆
坂井, 孝之
佐藤, 正良
鈴木, 敦生
丹下, 豪
植木, 貞人
渡邊, 篤志
八木, 原寛
山崎, 友也
吉川, 慎
著者(別言語): Aoki, Y.
Takeo, M.
Tsuji, H.
Koyama, E.
Aoyama, H.
Fujimatsu, J
Matsumoto, S.
Miyamach, H.
Nakamichi, H.
Ohkura, T.
Ohminato, T.
Oikawa, J.
Tanada, R.
Tsutsui, T.
Yamamoto, K.
Yamamoto, M.
Yamasato, H.
Yamawaki, T.
Ichihara, M.
Imoto, Y.
Kazama, T.
Koyama, T.
Maeda, Y.
Maeno, F.
Morita, Y.
Nakada, S.
Nakamula, S.
Osada, N.
Watanabe, S.
Alanis, P.K.B.
Anggono, T.
Fujiwara, Y.
Fukuyama, Y.
Hagiwara, S.
Hashimoto, T.
Hirano, S.
Horiguchi, K.
Iijima, S.
Ishihara, Y.
Ishikawa, K.
Ishizaka, K.
Kitawaki, Y.
Kuroki, H.
Kusano, F.
Maekawa, T.
Masuda, Y.
Matsumura, T.
Nakamoto, M.
Nishimura, T.
Nogami, K.
Okuda, T.
Sakai, T.
Sato, M.
Suzuki, A.
Tange, G.
Ueki, S.
Watanabe, A.
Yakiwara, H.
Yamazaki, T.
Yoshikawa, S.
キーワード: Asama Volcano
Seismic exploration
Seismic velocity structure
National Project for Prediction of Volcanic Eruption
発行日: 2008年
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 地震研究所彙報. 第83号第1冊, 2008, pp. 1-26
抄録: In order to investigate the subsurface seismic structure beneath Asama Volcano, Japan, an active seismic experiment was conducted in October, 2006 with 60 participants from nine national universities and Japan Meteorological Agency as the 12 th joint experiment under the National Project for Prediction of Volcanic Eruptions. The experiment was conducted by recording seismic waves exerted from five dynamite shots with charges of 250.300kg. The seismic waves were recorded by 464 seismometers with a natural frequency of 2Hz and 210 seismometers with a natural frequency of 4.5Hz and data loggers temporally deployed around Asama Volcano. To reveal the P-wave velocity structure, 1839 useful arrival times were picked from the seismograms. Observed data suggests that the subsurface structure is likely to be highly heterogeneous and seems to be consistent with previous geophysical and geological studies
URI: http://hdl.handle.net/2261/16678
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
IHO83101.pdf4.36 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください