UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1963

タイトル: 宋代天台教学の「十類」(上)
その他のタイトル: 宋代天台教理之“十類”(上)
著者: 林, 鳴宇
キーワード: 中国
天台教学
発行日: 2006年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 149冊, 2006-03, p. 43-80
抄録: 宋代的天台教理,傳習陳隋智者・妙樂,而中興於法智。 法智其時力闢異端,發揮新義,其後四明門下及其所陳教理亦為台教正統。 然天台教理,精微綿密,藏通別圓,分教逗機,其中難解、甚至易被曲解的内容不為少数。 由是,將天台教理進行系統性的整理亦成了宋代天台教團的當務之急。 《天台文類》一書正是此種背景的産物,此書前後五人經手,法智弟子自仁先將其師講義所引台宗著作的重要章節,編録成五類。 而曾是法智弟子後来破出師門的仁岳,又編為七類。 仙都聰師,再將之擴大到十類。 此後佛慧才公,又加修葺。 最後才由法智徒孫如吉刪繁補略,修訂完成。 其内容渉及宋代天台基本教義,較之名相類辭典,其更可稱為資料彙編。 而最主要的是其導引初學天台者的入門,首度將天台教理分為“經體”、“經王”、“被接”、“壽量”、“觀法”、“教證”、“隨縁”、“四土”、“二空”、“習氣”等十類。 而其引發的各類教義問題意識,也由後来的與咸之《復宗集》,可觀之《山家義苑》、《竹庵草錄》,善月之《山家緒論》,普容之《台宗精英集》等加以繼承。 而善月的另一著作《台宗十類因革論》,更是宗襲此十類分法,並參以己意,就宋初天台内部爭論所引發的問題作了進一歩的詮釋和判析。 本稿首先將就“十類”概念出現的時代背景以及撰者如吉的編輯態度,來闡述宋代天台教理所創的“十類”分法的成立背景。 繼而將就“十類”的前五項“經體”、“經王”、“被接”、“壽量”、“觀法”的内容,尤 其是宋代天台對之所施的見解作一分析。
URI: http://hdl.handle.net/2261/1963
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc14902.pdf1.52 MBAdobe PDF見る/開く
ioc14902a.pdf47.41 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください