UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1998

タイトル: 漢代避諱に関する若干の問題について
その他のタイトル: 有关汉代避讳的若干问题
著者: 影山, 輝國
著者(別言語): Kageyama, Terukuni
キーワード: 
避諱
発行日: 2003年12月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 144冊, 2003-12, p. 390-360
抄録: 探讨汉代避讳的实态是极其困难的。 我们很难作出绝对的判断。 只是相对来说比较清楚的是前汉宣帝时是“生而讳名”,至少似乎上书时有需避讳之规。 后汉安帝时也是如此。 故对此亦有追溯到大致前汉武帝时期的可能性。 此外,安帝时似乎避讳五代前的光武帝为止的名。 汉初时,避讳松缓的事实已得到证实:即便是律令,“生而讳名”自不用说,“卒哭乃讳”亦不必。 由此,我们无法再以汉初文献中见“盈”字或“恒”等字为由,来断定其文献抄写于惠帝或文帝以前。 在汉代文献里唯有“邦”字很特别难以判断其是否避讳。 一般认为不止上书,在所有文献中都因避讳而回避使用“邦”字,战国以来的传世文献把“邦”字改写成了“国”字, 但拙论认为汉代的避讳相当松缓,“诗书不讳,临文不讳”,“邦”字和“国”字的相讳很可能只是本子之别,上书之外的文书与避讳无关,相对来说是很自由的。 总而言之,我们可以认为以避讳来考证汉代文献的抄写年代是非常危险的。
URI: http://hdl.handle.net/2261/1998
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc14408.pdf1.29 MBAdobe PDF見る/開く
ioc14408a.pdf31.13 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください