UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2022

タイトル: 安慰説者 : 央掘魔羅経と大法鼓経のトレーガー
その他のタイトル: ‘phan par ston pa’ : as the Proponents of the Angulimāliyasūtra and the Mahābherisūtra
著者: 鈴木, 隆泰
著者(別言語): Suzuki, Takayasu
キーワード: 央掘魔羅経
大法鼓経
発行日: 2000年12月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 140冊, 2000-12, p. 332-308
抄録: This paper focuses on a peculiar term phan par ston pa, which is used in the Angulimāliyasūtra (AMS) and the Mahābherisūtra (MBhS). Through examining the contexts of both the AMS and the MBhS concerning phan par ston pa, it is concluded that phan par ston pa is another name for the proponents of both sutras and has a meaning: an instructor on what is salutary. Its original word is therefore supposed to be hitopadestr in Sanskrit. Attested in Buddhist literature, its first use is found in the AMS and the MBhS imports phan par ston pa from the AMS. Sharing a name for the proponents should be one of the important evidences that shows the AMS and the MBhS are related much more closely than ever estimated.
URI: http://hdl.handle.net/2261/2022
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc14007.pdf1.21 MBAdobe PDF見る/開く
ioc14007a.pdf28.26 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください