UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2026

タイトル: 印から見た南越世界 (後篇) : 嶺南古璽印考
その他のタイトル: Study of ancient seals of the Ling Nan area (area south of the 5 ridges) : The political regime of Nan Yue as reflected in its seals [third part]
嶺南古璽印考 : 璽印所反映的南越政權 (後篇)
著者: 吉開, 将人
著者(別言語): Yoshikai, Masato
キーワード: 南越
発行日: 2000年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 139冊, 2000-03, p. 1-38
抄録: 筆者在(中篇)中,通過對「朱盧執刲」印和「勞邑執刲」印的探討,論証了前者為南越印,而後者為漢朝按對方傅統爵制封賜給本地君長的「異民族爵」印。並由此提出了南越政權除漢制以外還採用「楚」爵制的觀點。本篇探討「執圭」在南越國的地位、以及稱「帝」號的歴史背景,得出了以下結論。①南越的「執圭」可以同與其年代及歴史背景接近的秦漢之際「楚」爵制相比較。在以楚懐王為首的爵位序列中,「執圭」位於「侯」之下的「公」,大體相當於較「郡長」略低的地位。由此推測,南越的「執圭」可與之相當。這也符合隨葬「勞邑執刲」印的墓葬規格和規模。②因為在「朱盧」和「勞邑」兩印的出土地附近,迄今未能找到典型南越文化的遺存或其它綫索,所以筆者推論執圭爵在南越政權中應當為南越王封賜給「南越外臣」封君的特殊爵稱。本篇同時考察「帝」號本身的歴史淵源以及南越王稱帝時的歴史情況,其結論為楚制在南越國實為對「外」的一種表現方式。③在南越國與呉姓長沙國的交錯地帶,漢初仍然存在「南海王」或「陸梁侯」等自稱王侯或漢朝按對方傅統制度賜爵的民族君長。由此可知,史書所記載的趙佗和呉姓長沙王的抗爭似乎帶有類似於「覇王」爭覇的歴史性質。〈完〉
URI: http://hdl.handle.net/2261/2026
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc13901.pdf1.84 MBAdobe PDF見る/開く
ioc13901a.pdf45.82 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください