UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2037

タイトル: 律と例の間 : 明代贖法を通じてみた旧中国法の一斑
その他のタイトル: What seems law but isn't, what seems rule but isn't: Discussing the traditional Chinese legal framework by examining the Ming dynasty redemption laws
似律而非律,似例亦非例 : 通過明代贖法試論傳統中國法律結構
著者: 陶安, あんど
著者(別言語): Hafner, Arnd Helmut
キーワード: 
刑法
発行日: 1999年12月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 138冊, 1999-12, p. 1-65
抄録: 明朝歷代皇帝即位時皆下詔“依律科斷”,命令問刑衙門遵律理案。事實上,在法律制度的運轉中,律典不可缺乏“律”之外的其他法規。贖例即為其典型代表。明代贖法其主要部分雖類歸於例,而朱元璋洪武三十年頒行明律之際,在《御製序》中既指令“照今定贖罪条例科斷”,並通過《大明律誥》制定了贖法範圍。因此,贖法絶非一時之法(=“權宜”),亦非包含在律典之内。本稿通過分析自明律至問刑條例爲止的贖法演變,而探索“律”與“例”的内在關係。其主要結論可要約爲如下三点:一、“依律科斷,所有條例並宜革除”之令毫不抹殺贖例的法律效果。贖例的管轄範圍爲“發落”,與律所掌管的“科斷”截然不同。二、在“依律科斷”之令歩入於贖例的過程中,贖法反而得到更進一歩發展。即贖法中產生“贖罪”與“贖後處分”以及狭義贖罪與廣義贖罪的概念區別。三、律典所發揮的實際作用極爲有限。表面上雖以律典爲重,實際上法律制度仍是以“權宜”之例爲軸。律典在思維意識上的約束效果与其他法規着眼於解決現實法律問題的思考傾向呈辯證關係。傳統中國法律制度正是從這二者的相互作用中得到變遷及發展的動力。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2037
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc13801.pdf3.2 MBAdobe PDF見る/開く
ioc13801a.pdf47.11 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください