UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2041

タイトル: 中国語動詞と形容詞とが構成する統合型の文法的意義特徴 (その1) : 動詞と形容詞"清楚" の結びつきを通して
その他のタイトル: The grammatical characteristics of the two subjoining structures and adverbial modifiersin key speech? : The adjective “qingchu” (clear) and phrases of verbal compositions
兩種述補結構和状語中心語結構的語法特征 : 以形容詞“清楚”和動詞組成的詞組意義爲調査資料
著者: 大滝, 幸子
著者(別言語): Ootaki, Sachiko
キーワード: 中国語
文法
発行日: 1999年12月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 138冊, 1999-12, p. 236-173
抄録: 在現代漢語中,動詞和形容詞能搭配構成三種語法結構的有;①述語-結果補語結構(簡稱VA型),②述語-樣態補語結構(簡稱V得A型),③状語-中心語結構(簡稱A地V型)。筆者巳在意義素論和現象素論的理論基礎上,探索過這三種語法結構的語法特征。本文以形容詞“清楚”(和同義詞“明白”“明確”比較)在三種語法結構里的用法作爲分析資料,進一歩加深語法研究,闡述下面的見解。(1)在分析語法特征時,看清句型全體的語義以後,才能正確地分析出里邊的個別語法結構的語法特征。(2)動詞和形容詞搭配規律受到詞類里的語法類別的限制。分開動詞類別時,應該重視“相過程”和“格”的區別,分開形容詞的類別時,應該重視“判斷(描寫)方法”和“判斷(描寫)對象格”的區別。因此,要分析出單詞的義素時,必須把這些區別用作義素里邊的“意味事項”,總是對毎個意味事項確定語義特征的規定。(3)VA型,V得A型,A地V型,在認知事實的視野範圍和角度上由小到大。VA型在“相過程”里注視行爲里邊的毎個過程之間的變化。V得A型在状況里注視一個状況里邊的“常識框”。A地V型從状況外邊注視對于状況全體的評價和叙術類型。(4)本文還指出;VA型,V得A型,A地V型的作爲謂語的“叙述特征”分別在“過程”“状態”“行爲”。這些見解將有助于建立義素分析法和現象素理論的系統性,綜合性,也對于層次語法提出新的分析觀點。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2041
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc13805.pdf3.17 MBAdobe PDF見る/開く
ioc13805a.pdf55.06 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください