UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2043

タイトル: 印から見た南越世界 (中篇) : 嶺南古璽印考
その他のタイトル: Study of ancient seals of the Ling Nan area (area south of the 5 ridges) : The political regime of Nan Yue as reflected in its seals [second part
嶺南古璽印考 : 璽印所反映的南越政權 (中篇)
著者: 吉開, 将人
著者(別言語): Yoshikai, Masato
キーワード: 南越
発行日: 1999年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 137冊, 1999-03, p. 1-45
抄録: 本文試圖通過對璽印與封泥資料的分析,探討南越政權的官爵制度和它所反映的正統意識。本篇討論如下兩個内容。第一,根據鈕式和印臺的高度,本文証實了海南島出土的「朱廬執刲」印為南越政權的賜爵印;而合浦出土的「勞邑執刲」印則較晩,它似乎是漢皇帝按對方傳統爵制封賜給本地君長的“異民族爵”印。由此可知,南越政權採用“楚”制。筆者整理了秦末漢初江南地區的有關政治動態的文獻資料,指出在内地的部分王國在劉邦平定天下以後仍然保存“楚”制,而且有時利用它作為“反漢”的象徴。該時期南越接受内地“楚”制,這是與當時政治環境和政治地理的條件非常符合的。第二,通過對南越王墓的隨葬銅鼎的分析,本文論証了如下特點:後藏室具有以先秦呉越傳統為基礎的本地“南越式”正統意識風格,而西耳室顕示戰國晩期楚國的“楚式”正統意識風格。根據各式銅鼎的演變過程以及分布範圍變動的整理結果,筆者認為嶺南地區的這種“楚式”因素並不能説明是由長江中游區通過湘南地區漸漸地傳播到該地的。該種“楚因素”的重要來源之一,筆者認為,包括陳勝、義帝、項羽在内的江淮地區戦國末期以来一系列“楚”政權的制度和理念。〈以下請待(後篇)〉
URI: http://hdl.handle.net/2261/2043
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc13701.pdf2.5 MBAdobe PDF見る/開く
ioc13701a.pdf43.01 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください