UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2051

タイトル: 印から見た南越世界 (前篇) : 嶺南古璽印考
その他のタイトル: Study of ancient se Ling Nan area (area south of the 5 ridges) : The political regime of Nan Yue as reflected in its seals [first part]
嶺南古璽印考 : 璽印所反映的南越政權 (前篇)
著者: 吉開, 将人
著者(別言語): Yoshikai, Masato
キーワード: 南越
発行日: 1998年12月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 136冊, 1998-12, p. 89-135
抄録: "嶺南古璽印考-璽印所反映的南越政權(前篇)-"本文分成三個部份,通過對璽印與封泥的分析,試圖了解南越的璽印制度,並復元南越王對自己國家所設計的政體構想。本文將提出以下兩個論點。第一、南越時期南越王已在今日越南清化附近置有「 候」 一級地方軍官:三十年代以前,該地出土過一枚銅質「胥浦候印」。這件銅印過去均認為是元鼎六年漢武帝置九眞郡以後的漢朝官印。在本文中,筆者對広州象崗南越王墓出土的璽印和封泥的印文字體方面進行了詳細的整理和分析,結果發现南越璽印在印文字體上有明顕的特點。通過詳細的觀察,筆者發现在「胥浦候印」中也能看到南越印的字體特點,而且它的鈕式風格等特點也完全符合南越印的規格。據此,筆者提出了「胥浦候印」即為南越官印,漢朝置郡縣之前越南清化已置有南越「候」官的新觀點。(以上載於本期、以下請待下一期)第二、南越有名為「執圭」的爵位,系採用楚制:為了重新探討南越政權的“楚”傳統内涵,筆者對墓内隨葬器物的選擇和布局情況等進行了詳細分析,提出了包括陳勝・義帝・項羽在内的江淮和江南的“楚”傳統在南越政體構想上占有重要地位的新觀點。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2051
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc13603.pdf2.59 MBAdobe PDF見る/開く
ioc13603a.pdf40.21 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください