UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
91 死生学研究拠点 >
死生学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/20561

タイトル: 死兆、死の欺き、死のヨーガ : 初期中世期インドの死の現場の一例
著者: 杉木, 恒彦
著者(別言語): Sugiki, Tsunehiko
発行日: 2006年11月25日
出版者: 東京大学グローバルCOEプログラム「死生学の展開と組織化」
掲載誌情報: 死生学研究. 第8号, 2006.11.25, pp. 439(210)-450(199)
内容記述: シンポジウム『死とその向こう側』報告 ワークショップA [進んで死を迎える]
URI: http://hdl.handle.net/2261/20561
ISSN: 18826024
出現カテゴリ:死生学研究
045 COE報告書

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
da008032.pdf609.9 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください