UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2057

タイトル: 関羽と劉淵 : 関羽像の成立過程
その他のタイトル: Guan Yu and Liu Yuan : Tthe ‘image-shaping’ process of Guan Yu
關羽與劉淵 : 關羽形象的形成過程
著者: 大塚, 秀高
著者(別言語): Ootsuka, Hidetaka
発行日: 1997年12月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 第134冊, 1997.12, pp. 39464
抄録: 《三國志平話》當中有以下描冩:漢帝外孫劉淵把晋懐帝抓獲、處死在劉禪廟前、并以此祭祖。不久、晋國滅亡、劉淵即漢帝之位、全書至此告終。這一結局與《三國志演義》的結局有所不同。劉淵是五胡十六國時期之漢的建國者。在北斉・魏収的《魏書・匈奴劉聰傳》中有所記載(劉聰為劉淵的兒子)。唐・房玄齡等的《晋書》中有傳。通過比較研究可以看出、《三國志平話》的結尾是根據《晋書》編冩的。《晋書》有兩、三種建安坊刻的宋元刊本存世。但是、《三國志平話》的‘編者’不僅僅是依據《晋書》、還依據以《晋書》等改編的《資治通鑑》乃至《通鑑紀事本末》編冩了《三國志平話》的結尾部分。《三國志平話》的‘編者’還從《晋書・劉元海(劉淵)載記》中把龍神的因素加到關羽的形象中。起初、關羽與劉淵的形象是表裏一體的關係。在《晋書》的劉淵形象中、以發現玉璽這一情節為關鍵、早已被注入了陳壽的《三國志》和裴松之注中的關羽形象。歸根結底、劉淵的鬚及愛讀左傳的因素從關羽形象中襲來、而關羽的龍神因素則從劉淵形象中獲得。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2057
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc13401a.pdf39.48 kBAdobe PDF見る/開く
ioc13401.pdf763.7 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください