UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2073

タイトル: 珠江デルタの地域社会 : 新会県のばあい,続
その他のタイトル: A study of the regional culture of the Zhujiang delta : Xinhui county (continued from no. 124, March 1994)
從新會縣看珠江三角洲地域社會、續
著者: 西川, 喜久子
著者(別言語): Nishikawa, Kikuko
キーワード: 新会県
発行日: 1996年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 130冊, 1996-03, p. 1-72
抄録: 在前稿《從新會縣看珠江三角洲地域社會》中,筆者概述了新會縣的沿革,經濟發展的特點以及宗族關係的實態。本稿拟在前稿的基礎上,進一歩考察天地會的反亂和新會縣的鄕紳。乾隆至道光年間,新會縣縣城内外及經濟發展的先進地區-東北部,階層分化與同族結合的空洞化不斷加劇,別一方面,以墟為中心的地域社會的社會結合日益緊密。在此基礎上發生了天地會的反亂。宗族的上層勢力,試圖利用尚殘留其形式的同族結合,使反亂的矛頭指向清朝地方權力,以達到他們“保族・保鄕”的目的。新會縣知縣謀求實現縣内鄕紳的團結及聯合,但由于上述原因,紳士層最厚的縣内東北部,没能形成鎭壓反亂的强有力的力量。與此相對照,新會縣的西南部,衿耆層控制了鄕族,同族結合相對來説仍然比較强固。支撑清朝地方權力的,正是縣城和西南部的鄕族。反亂被鎭壓下去以後,即使在東北部也算得上最富裕的外海・荷塘・潮連三鄕設立了東南公約,想通過這箇機關控制新會縣東南部・南部的沙田,與西南部對抗。而縣城的岡州公局只起到輔佐知縣的作用,没能向順徳總局那様,成為君臨縣内外的鄕紳權力。總之,直到光緒年間,縣内一直處于分裂状態。能够控制全縣的强有力的鄕紳權力没有在新會縣形成,究其原因,大概是新會縣的鄕紳勢力本來就比較薄弱。筆者認為,縣一級鄕紳權力的形成,以擁有大批上層鄕紳,併從中産出突出的强有力的大鄕紳為必要條件,新會縣正是缺乏這箇條件。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2073
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc13001.pdf3.74 MBAdobe PDF見る/開く
ioc13001a.pdf61.01 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください