UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2075

タイトル: 講史小説と歴史書 (1) : 『三国演義』,『隋唐両朝史伝』を中心に
その他のタイトル: Discussion of the historic novel and the history book (1) : The “Sanguo Yanyi” and the “Youtang liangchao shizchuan
講史小説与歴史書 (1) : 以『三国演義』,『隋唐両朝史伝』為中心
著者: 上田, 望
著者(別言語): Ueda, Nozomi
発行日: 1996年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 第130冊, 1996.3, pp. 97-180
抄録: 本篇論文是通過歴史書与小説的比較来探討中国講史小説的演変。北宋期司馬光『通鑑』問世以後,由于科挙考試竞赛過于激烈,引起『通鑑』学的熱潮,元明時期通俗歴史書紛紛出版,風靡暢銷。宋元時代的曲芸之一“講史書”是説書人講述歴史故事的芸能,他們講的故事経過長期流伝,到了明代在読書人的手里就成為講史小説。講史小説有両個系統,啓蒙読本般的歴史演義和以英雄故事為主綫的英雄伝奇。明代講史小説多属于前者,可以明確地看到歴史書的直接影響。『三国演義』版本分化很複雑,通過与歴史書比較分析,可知俗本系統更接近于原本,并且在其原本依拠『三国志』,朱熹『通鑑綱目』而成的。雅本系統参照『通鑑』以及在弘治年間成立的七家註『通鑑綱目』等史書修改了原本,且新増大量注釈。経過歴次増補改訂,成為三百年来最為流行的版本。以隋唐故事為題材的講史小説頗多,其中最早成書的『唐書志伝』是福建建陽人熊大木以七家註『通鑑綱目』為底本,其後有人仍以此為基礎,参照『通鑑』,『新唐書』,『旧唐書』等書作了校訂本(就是蔵珠館刊本的祖本)。在萬暦中期,建陽書贾楊麗泉以改訂本為底本,参考七家註『通鑑綱目』随意増删改動,改換詩文,又依『綱鑑』添加評注而成的就是『隋唐両朝史伝』。該書一直到現在被認為羅貫中之作,但書中留下了模倣『三国志伝』的痕跡,其実乃為楊麗泉的偽託。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2075
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc13004.pdf4.71 MBAdobe PDF見る/開く
ioc13004a.pdf53.27 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください