UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2096

タイトル: 戰國紀年再構成に關する試論 : 續
その他のタイトル: Preliminary discussion of the rearrangement of the annals of the “Zhangguo ce”
關於戰國再排列紀年的試論 (續)
著者: 平勢, 隆郎
著者(別言語): Hirase, Takao
発行日: 1994年2月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 第123冊, 1994.2, pp. 1-84
抄録: 筆者從前談到過再排列戰國紀年的問題,研討古本《竹書紀年》與《六國年表》之間的矛盾,渉及惹起該矛盾的原因,就是戰國中期生起從立年稱元到踰年稱元的轉換。本文作其續稿,略述在前稿不能談到的問題,提示《戰國各國紀年一覧》及其補表《『史記』戰國年代檢索表》,一部分修改前稿《君主立卒年一覧》的内容。衆所周知散在《史記》的同一内容事件之中,有些在用《六國年表》得知的年代互相不吻合。然而利用本文提示的新年表,該事件列在同一年代了。當然的是從前用《六國年表》列在同一年代的事件之中,却發生了在新年表上互相年代不吻合的情況。該事件是從《秦紀》、《趙紀》等具體内容豐富的紀年記載用《六國年表》轉寫到其他國家紀年的,所以説明該轉寫的具體過程就行。這些説明寫在《『史記』戰國年代檢索表》。管見《戰國各國紀年一覧》,就知道有關秦,楚兩國的事件有時候其年次比其他國家的差一年。筆者認為那是為秦顓頊曆、楚建亥曆年頭與夏正等曆有差別的情況所引起的。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2096
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc12304.pdf4.2 MBAdobe PDF見る/開く
ioc12304a.pdf37.41 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください