UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2111

タイトル: 劉長生の生涯と教説
その他のタイトル: The career and teaching of Liu Changsheng
劉長生的生涯及其敎説
著者: 蜂屋, 邦夫
著者(別言語): Hachiya, Kunio
キーワード: 全真教
劉長生
発行日: 1992年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 117冊, 1992-03, p. 273-331
抄録: 十二世紀後期,王重陽在金朝統治下的華北,創立了全眞敎。在王重陽死後,全眞敎由被稱為四哲的弟子們所繼承。本文主要論述四哲之一的劉長生的生涯和敎説。劉長生直接得到王重陽口傳心授的時間,只有短々的二箇月,主要受業於王重陽的大弟子馬丹陽。長生在陜西全眞敎的祖庭師事丹陽多年。以後,長生前往洛陽,借居一間土地廟進行修練。長生在繁華的閙市渡過了四年的乞討生活,終於成了一名眞正的道士。三年後,長生回到故郷莱州武官莊,在生涯的最後幾年里,擔負著全眞敎主敎的重責。為了不使王重陽等人的言論湮滅於世,長生不遺餘力地出版他們的著作。同時,自己還致力於《陰符經》等經典的注釋工作。可以説,這是長生在道敎史上的重大功績。重視經典是長生的思想特色。全眞敎祖師王重陽和世稱二祖的馬丹陽,他們不拘泥經典。在這點上,長生與他們,態度迥然不同。《仙樂集》,《陰符經注》,《黄庭經注》和《語?》等著作中,蘊含著長生的敎説。本文試圖通過上述資料的分析,探索長生在文章中表現出的形式和執拗的傾向、以及長生作為道士顯出的特色。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2111
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc11707.pdf2.93 MBAdobe PDF見る/開く
ioc11707a.pdf43.01 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください