UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2124

タイトル: 「論語」前漢期實態一斑初探 : 重複章を手がかりに
その他のタイトル: Preliminary research of the perception of the “Lun Yu” in the early Han dynasty
『論語』前漢期的實態一斑初探 : 以重複章為綫索
著者: 澤田, 多喜男
著者(別言語): Sawada, Takio
キーワード: 論語
発行日: 1990年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 112冊, 1990-03, p. 1-46
抄録: 小論作為現存『論語』之中幾個重複章的綫索,是對『論語』之中的孔子言論的確實性加以考察的文章。在重複章裏特別提出了孔子與君主以及家老們的對談。仔細観察我們可以發現為了確認與對談者關係的眞實性,通過沿着對〈夾谷之會〉〈三都破壊〉等事件的研究、對『孟子』『荀子』『春秋』三傳及『史記』等從先秦到前漢的對孔子言行有所記錄的文獻進行了比較性的研究,確認了孔子與君主及家老們的實際關係。其結果表明了孔子當時與家老們的關係要比與君主的關係更加密切。更是通過對前漢的歷史性的諸文獻資料的調査使我們看出『論語』本書也是於漢武帝時代以後的產物,在此之前的有關孔子言行均不確定的形式流傳下來的。總而言之,可以推算出『論語』的編纂工作也是在漢武帝前期開始的。通過對以上等問題的考慮,我們可以得出『論語』之中有關孔子與君主之間的對談的記載是未必絕對可信的這樣一個結論。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2124
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc11201.pdf2.14 MBAdobe PDF見る/開く
ioc11201a.pdf37.77 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください