UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2126

タイトル: 光復会成立前後の事情 : 光復会論の(1)
その他のタイトル: The situation of the “Guangfu hui” before and after its foundation : Discussing the “Guangfu hui” (1)
著者: 大里, 浩秋
著者(別言語): Oosato, Hiroki
キーワード: 光復会
発行日: 1990年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 112冊, 1990-03, p. 251-277
抄録: 二十世紀初,為了打倒腐敗的清府政府,国内的知識分子和国外的留学生都積極地創立学校,発行報刊,組織革命団体,進行反清革命活動。我的文章;従這些革命団体的資料当中,選択了有関復会的部分内容,試図通過分析、研究,使従来不太明確的史実得以明確;並且闡述了光復会的思想在近代史上的意義。這一回,考察光復会成立前後的情况。据几個老光復会員的証言,以前,一般地理解為:光復会的前身是軍国民教育会暗殺団,那個団後来拡大改名為光復会。但是関於暗殺団改為光復会的過程,他們都沒有具体地説明。所以我們現在也不太了解暗殺団是在什麼時候,為什麼改為光復会的。我認為,従一直被歴史界所重視的陶成章証言中,有弄虚作假的内容。一九〇八年,関於在南洋向華僑征収革命資金的問題,他跟孫文発生了深刻的対立。他在写《浙案紀略》≫的時候,写了光復会是継承軍国民教育会,成為同盟会的母体的,那麼,光復会向華僑群衆征収革命資金,就具有其正統性了。通過分析陶成章、蔡元培、沈?民等人的証言,我得出如下的結論:光復会是以軍国民教育会暗殺団為母体,経過陶成章、徐錫麟等人向浙江東部的会党勢力呼吁,以会党為基本力量而誕生的。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2126
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc11205.pdf1.38 MBAdobe PDF見る/開く
ioc11205a.pdf45.48 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください