UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2134

タイトル: 譚長真の生涯と思想
その他のタイトル: Tan Changzhen : his career and thought
譚長真的生涯与思想
著者: 蜂屋, 邦夫
著者(別言語): Hachiya, Kunio
キーワード: 全真教
譚長真
発行日: 1989年2月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 108冊, 1989-02, p. 41-122
抄録: 本文考察了全真教始祖王重陽的弟子,“四哲”之一譚長真的生平与思想。関於譚長真的生平,所拠主要資料是《甘水仙源録》中所収的《長真子譚真人仙跡碑銘》及其他的伝記資料。関於他的思想,則主要以《水雲集》為中心而進行了探討。従而,対於至今還未曽有人専門論述過的譚長真的行踪和思想,得到了一些較為明確的了解。然而,由於各種伝記資料記載都很簡単,而且,《水雲集》又是一本詩和詞的作品集,所以,対於譚長真的生平和思想都不可能進行更為詳細的考証和探討。本文的内容如下所示:前言1.譚長真的生涯(1)因病而開始信奉道教(2)在重陽指導下的修行生活(3)進一歩修行与伝教活動(4)譚長真的弟子們2.譚長真的思想(1)在対門人的訓戒里所反映出的思想(2)在述懐、自詠等作品中所反映的思想(3)詠“道”之作所反映的思想結語
URI: http://hdl.handle.net/2261/2134
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc10802.pdf3.71 MBAdobe PDF見る/開く
ioc10802a.pdf81.35 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください