UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2140

タイトル: 埋もれていた行神 : 主として秦簡「日書」による
その他のタイトル: The forgotten“Xingshen” : Referring to the “rishu”
被埋没的“行神” : 主要根拠秦簡「日書」
著者: 工藤, 元男
著者(別言語): Kudoo, Motoo
キーワード: 行神
発行日: 1988年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 106冊, 1988-03, p. 163-207
抄録: 1975年12月,中国湖北省雲夢県睡虎地所出土的秦簡,対於研究戦国秦在統一過程中,提供了相当宝貴的史料。但是大約占秦簡一半的「日書」,長久以来卻没有被発表,直至1981年才有図版,釈文的出版。「日書」是一種占ト的書,由於秦簡是在楚国的領境中出土,混合了秦国的占ト和楚国的占ト,反映出秦国対於支配楚地的状況。因此研究分析「日書」的記事,不但可以理解当時秦国怎様統治楚地的問題,也可以窺視当時人民的習俗。這篇論文是根拠以上的観点,検討了楚地占ト旅行的記事,対於当時楚地的時日観念和構造做了研究和復原。対於当時的人民如何“行神”,如何判断時日的吉凶,経過什麼様的儀礼出邦門?然後再如何判断帰来的吉凶時日,再経過什麼様的儀礼入邦門等等,做了一連的研究和復原。併且意外地発現到這些時日吉凶的判断和儀礼等,日後完全被道教所吸収。在這裏有一個問題,就是戦国秦如何把旅行的時日構造採入自己的体制併且如何浸透到“秦律”?対於這一点,本論文先做了基本上的考察,有関詳細内容,近日中当再発表。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2140
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc10604.pdf1.76 MBAdobe PDF見る/開く
ioc10604a.pdf38.31 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください