UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2141

タイトル: 『文学雑誌』と『文芸月報』 : 北方左連の「関門主義」の克服をめぐって
その他のタイトル: “Wenxue zazhi” (literary journal) and “Wenshu yuebao” (literary monthly) : a study of how northern rightists overcame “closed-doorism”
《文學雜誌》與《文藝月報》 : 北方左聯克服“關門主義”過程中的考驗
著者: 近藤, 龍哉
著者(別言語): Kondo, Tatsuya
キーワード: 中国左翼作家連盟
発行日: 1988年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 106冊, 1988-03, p. 209-268
抄録: 1 《文學雜誌的創刊》2 魯迅與《文學雜誌》3 《文學雜誌》是北方左聯機關刊物(陸萬美的主張)4 關于朱正《魯迅囘憶錄正誤》5 讀王誌之《魯迅印象記》管見6 《文學雜誌》與《文藝月報》―從“關門主義”的克服到“右傾化”批判1933年間,北平相繼出現了兩種大型文學雜誌。體裁與内容倶相似的這兩種公開雜誌之間有過如何關係?關于《文學雜誌》,當時左聯負責人員的陸萬美證言把它當做北方左聯機關刊物,但,朱正以王誌之在他的《魯迅印象記》里所描寫的該雜誌發刊籌備的情況爲證据主張它不是だ聯機關刊物。我再三愼重地斟酌这兩種雜誌的内容以及兩位論者的主張,最丘得到了如下結論:與朱正的主張相反,我認爲,《文學雜誌》的產生是北方左聯在糾正“關門主義”的過程中所做的實踐之一。但,這個富有重要意義的嘗試也被文總(即指導左聯的上級機關)視爲“右傾化”的產物而拒絶了。負責展開左聯活動的潘漠華,陸萬美等人受到批判,左聯又改變了方向。《文藝月報》,是在文總的指導下,以北平社聯的負責人員爲中心辨的刊物。它就是推動北方左聯全體走上“左傾”路線上起了很大作用的一種雜誌。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2141
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc10605.pdf2.69 MBAdobe PDF見る/開く
ioc10605a.pdf45.06 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください