UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2145

タイトル: 「太平經」の會話體の性格について
その他のタイトル: On the Conversational Chapters of "Tai-ping-jing"(太平經)
著者: 高橋, 忠彦
著者(別言語): Takahashi, Tadahiko
キーワード: 太平経
発行日: 1988年1月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 105冊, 1988-01, p. 243-281
抄録: In the text of Tai-ping-jing, there are twelve chapters, where two dieties named Tai-shen and Tian-jun play important parts, unique both in their style and in their tendencies of thought.In this paper the author tries to clear complicated construction of these chapters, at the same time, analyse their religious thought, which is in a sense innovative, for in attaining immorality personal self-cultivation is prior to intention of gods.In addition, some prose chapters akin to the abovementioned are analysed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/2145
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc10503.pdf1.64 MBAdobe PDF見る/開く
ioc10503a.pdf21.43 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください