UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2157

タイトル: 四明知禮の生涯と著述
その他のタイトル: A Study of Sì-Míng-Zhī-Lĭ's Whole Life and His Works
著者: 池田, 魯參
著者(別言語): Ikeda, osan
キーワード: 天台宗
発行日: 1986年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 100冊, 1986-03, p. 195-247
抄録: Zhī-Lĭ of Si-Ming (四明知禮) is a conspicuous appearanee of in portance in the historicul development of Chinese Buddhism, especially of Tian-Tai (天台) thought. Though the subject of Zhī-Lĭ is almost untouched until now. Japanese studies have always had a direct interest in Zhī-Lĭ's doctrinal system. Consequently what shall be seen in this paper is original study. That is to say, the purpose of this paper shall be to research the actual state of his whole life and his whole works, sum up to 58th.
URI: http://hdl.handle.net/2261/2157
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc10004.pdf2.49 MBAdobe PDF見る/開く
ioc10004a.pdf21.67 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください