UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2178

タイトル: 桂 : 唐詩におけるその<意味>補遺
その他のタイトル: Cinnamon : and its “flavor” in Tang poetry (supplement)
桂 : 在唐詩中的〈意味〉補遺
著者: 山之内, 正彦
著者(別言語): Yamanouchi, Masahiko
キーワード: 唐詩
発行日: 1983年7月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 92冊, 1983-07, p. 83-140
抄録: 本稿是前稿《桂―在唐詩中的“意味”》(「東洋文化研究所紀要」第八十册)的補遺。在本稿中記述了前稿未能盡言的一些關於桂的“意味”的項目:h)材料・i)桂薪・j)桂蠹・k)豔情・l)月桂落子・m)其他諸項。這些項目中,用例最多,而且比較重要的是h)材料一項,它又分為酒・旗・舟・車輿・筵席・建築・燃料等小項目。它起源於《楚辭・九歌》裏的祭祀性的用法。這種用法沿襲到唐詩,特別在郊廟歌辭裏固定化地殘存着。可是一般的説來,六朝詩以後,装飾性美辭化的傾向加強起來,主要是形成了以桂字作為修飾語,來修飾另一單字名詞的習慣用法,從而出現了大量的兩字詩語。i)項以《戰國策》:食玉炊桂”為典據,唐詩裏主要地用以表現擧子們在長安的窮困。j)項是陰險毀損的比喩。k)項是中晩唐詩裏出現的以桂比喩美女或者女人黛眉的用法。l)項是月桂種子墜落在地的幻想,唐代詩人相信杭州天竺寺是秋夜可以拾取這種桂子的名。j)項以下,用例都比較少。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2178
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc09203.pdf1.88 MBAdobe PDF見る/開く
ioc09203a.pdf36.73 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください