UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/22139

タイトル: 玄沙師備の昭昭霊霊批判再考
その他のタイトル: 玄沙師備對“昭昭靈靈”的批判再考
著者: 土屋, 太祐
発行日: 2008年12月22日
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 第154冊, 2008.12, pp. 180(33)-144(69)
抄録: 唐末禪僧玄沙師備(835-908)對臨濟義玄(?-867)“昭昭靈靈”的批判是唐代禪宗思想史上的一個重要事件。對此也曾有學者進行研究。但是,以往的研究尚未深入探討其理論結構的特點。其實,玄沙的主要批判對象是馬祖道一(709-788)以及洪州宗的“作用即性”說,臨濟“昭昭靈靈”則是其中的一部分而已。兩者的分歧出自對佛性的理解的不同。傳統佛教義理學認爲,具有認識對象及認識功能的表層意識(心)是無常的存在,沒有認識對象的深層意識(性)纔恆常不變。但馬祖認爲“性”是不能認識的,因此讓“心”,也就是説“性”的作用來代表“性”的本體,這就是所謂的“作用即性”說。然而,玄沙則仍然認爲“心”是無常的,“心”和“性”之間也有明確的區別,因而批評了馬祖的學説。本文在當時的思想史背景下,考察兩者的理論特點及其歷史意義。
URI: http://hdl.handle.net/2261/22139
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc154004.pdf1.26 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください